安河内葉子 時節のご挨拶 2018年6月

6月 水無月 晴天が続いていますが、そろそろ梅雨入りとなる頃ですね。 6月は衣更えの季節です。 学校や制服のある職場などで行われています。 もとは中国の宮廷で、旧暦の4月と10月の1日に式服を替えていて、そのことが平安時代に宮中に伝わって、「更衣」という年中行事となりました。 6月の木乃花の会のイベントは、 6/3(日)月イチランチ会 6/9(土)きものde博多座(満員御礼) 皆さまとお逢い出来ますのを楽しみにしております。......

続きを読む

安河内葉子時節のご挨拶 2018年5月

5月 皐月 立夏 すっかり夏模様となり、新緑の若葉がそよぎ、清々しいさわやかな風、やさしい日差しに夏の到来を感じます。 5/2は、八十八夜で茶摘みの季節。立春から数えて88日目のことで、この時期には、柔らかい上質なお茶が取れます。 5/5は、端午の節句。五節句の一つで、「端午」の「端」は「初」の意味。端午というのは、月初めの午の日のこといい、「午」は「五」と同じで、毎月上旬の5日をさします。 粽や柏餅を食べ、菖蒲湯につかり、邪気を祓い健やかな成長を願う行事となってきました、 5月の木乃花の会は、 5/19(土)18時~小筆講座「さらさら書きます小筆小町」を開催します。 6月は、6/9(土)きものde博多座 6月博多座大歌舞伎を観劇。......

続きを読む

安河内葉子 時節のご挨拶 2018年4月

4月 卯月 一気に桜が満開となり、美しい花吹雪となって舞い散っています。 4月8日はお釈迦様が生れた日です。 もともとは、「灌仏会」「仏生会」とも呼ばれていました。 花御堂というお堂の中に灌仏盤を置き、お釈迦様を立て、参拝者が柄杓で 甘茶を注ぎます。 甘茶を注ぐのは、お釈迦様が生れた時、九頭の龍が誕生を祝って天から甘露の雨を注いだという故事に由来しています。 今年は、花祭りの機会に恵まれるといいですね。 4月の木乃花の会のは、 会員特典イベントを開催します。 4/14(土)きものde遠足"久留米かすり工房と御簾工場"見学ツアー 限定10名ですが、残2席となっています。4/10までお申し込みを受け付けますので、 お早目にご連絡をお願い......

続きを読む

安河内葉子 時節のご挨拶 2018年3月

3月 弥生 春一番が突風が吹いて季節の変わり目を 知らせてくれています。 桃の蕾がほころんで ひな祭りに間に合いそうです。 元々は貴族の行事でしたが、 江戸時代には庶民の間にも女の子の 健やかな成長を願う行事として広がって行きました。 春分の日を中日とした春のお彼岸では、 ばたもちを供え、ご先祖の供養のため お墓参りに出かけましょうか。 3月のニッポンが好きになる講座シリーズは、 ・3/10(土)12時〜月イチ・ランチ会 ・3/10(土)18日〜小筆講座 皆さまにお逢い出来ますのを 楽しみにしております。......

続きを読む

安河内葉子 時節のご挨拶 2018年2月

月 如月 厳しい寒さが日本列島を襲っています。 交通機関に乱れが出るところも多々あります。 2月は節分、立春と徐々に春へと向かい始め、 梅の開花の便りを嬉しく感じますね。 節分は、中国から伝わった疫病や災害をもたらす鬼を祓う儀式に由来します。 福は内、鬼は外と叫びながら豆をまきます。 今年も無病息災で過ごしましょう!......

続きを読む

安河内葉子 時節のご挨拶 2018年1月

1月 睦月 青空が清々しい元旦の朝を迎えました。夜は満月(望月(もちづき))の前夜。小望月(幾(き)望(ぼう))でした。 睦月の由来は、諸説ありますが、お正月に家族や親せきが集まり、睦合う(互いに親しみあう。仲良くする)ことから、睦月(むつびつき)が睦月となったという説が有力です。 1月のニッポンが好き!になる講座シリーズは、・1/20(土)12:00~15:00 「月イチ・ランチ会」の予定です。・小筆講座・さらさら書きます「小筆小町」は、紫野先生のご都合が分かり次第、ご連絡させていただきます。・2/10(土)きものde博多座:昼の部(満席)、2/17(土)夜の部(残席わずか)久々に博多座に登場の中村屋兄弟と尾上松也さんの花形歌舞伎......

続きを読む

安河内葉子 時節のご挨拶 2017年12月

12月師走 12月7日頃は、大雪(たいせつ) 二十四節気の一つ。 大陸の高気圧が張り出して強まり、 完全な冬型となって寒気が増してきます。 年末に向けて、 年越そば、黒豆、おせち、門松、注連縄など、 準備も気になってきますね。 今月、今後のイベントは、 12/16(土)月イチ・ランチ会 2/10、17(土)きものde博多座 1月開催予定の小筆講座は、日程が分かり次第、ご案内させていただきます。......

続きを読む

安河内葉子 時節のご挨拶 2017年11月

11月霜月 唐津くんちが始まり、14台の曳山が豪快に曳き込む見せ場は豪快で感動的です。 紅葉も見ごろを迎えて秋の深まりを感じさせてくれます。紅葉狩りに出かけたい ところですね。 11月15日は「七五三」です。子供の健康と成長を願います。 千歳飴を手に持った着物姿の子供たちは、ほのぼのとして絵になりますね。 11月の日本が好きになる!講座シリーズは、 11/18(土)小筆講座 11/25(土)日本文化を愉しむ会 皆さまとお逢いできるのを楽しみにしております。......

続きを読む

安河内葉子 時節のご挨拶 2017年10月

10月 神無月 毎朝の空の雲が段々と秋の雲に変化しています。 先日の朝は、この秋一番の冷え込みで17℃でした。 神無月の由来は、 10月は全国の八百万の神様が、出雲大社(島根県出雲市)へ会議に出かけてしまうと考えられてきました。 出雲大社に集まった神様たちは、人の運命や縁などを話し合います。そのため、出雲大社は縁結びの総本山でもあります。 また、来年の天候、農作物などの出来なども話し合われているそうです。 10月31日の深夜には、お供え物をして神様が戻られるお祭り「神迎え」を執り行います。 10・11月のニッポンが好き!になる講座シリーズは、 ・10/21(土)12:00~15:00 「月イチ・ランチ会」 今回はカラーコーディネータ......

続きを読む

安河内葉子 時節のご挨拶 2017年9月

9月 長月のご挨拶 リンリンリン...と虫の声。 夕方、ふと気づくと、ツクツクホーシと蝉の声。 季節の変わり目を楽しめる時期となりました。 9月9日は、重陽の節句(五節句)、菊の節句とも呼ばれます。 中国に起源がある重陽の節句は、日本では菊を鑑賞しながら、菊の花を浮かべた菊酒を飲むと長寿になると言われています。 8日の夜に綿を菊の花にかぶせ、翌朝、露で湿った綿で身体をふくと若返るという言い伝えも残されています。 9月のニッポンが好き!になる講座シリーズは、 ・9/9(土)14:00~ きものde博多座 坂東玉三郎「幽玄」観劇。(早々に満席となりました。皆さま、ありがとうございます。) ・9/16(土)18:00~20:00 小筆講座......

続きを読む

安河内葉子 時節のご挨拶 2017年8月

8月 葉月 今年の立秋は、8月7日です。 大暑を過ぎ、暦の上では秋となります。 涼しくなって秋の気配を感じていたのが、 気象の変化により、まだまだ、暑い日が続きます。 立秋を過ぎたら「暑中見舞い」は、「残暑見舞い」に変わります。 処暑の頃には、涼やかに赤とんぼが飛んでいてほしいですね。 次回のニッポンが好き!になる講座シリーズは、 8月は着物を着て出かけよう!「きものdeランチ」の企画は、 9/1(金)となりました。「鮨 木島」に伺います。 9/9(土)14:00~16:00(終演予定) 「きものde博多座 」坂東玉三郎と鼓童のコラボ「幽玄」を観劇します。 皆さまのお陰を持ちまして満席でございます。 9/16(土)18:00~20:......

続きを読む

安河内葉子 時節のご挨拶 2017年7月

7月 文月(ふみづき) いきなりの暑さ34度を越えてしまいました。 いよいよ、博多の町は、山笠が動き始め、また違った熱さが起こります。 7日の七夕(七夕祭り)。 今年は天の川を挟んで牽牛と織姫が逢えるのでしょうか? 願いごとを短冊に書き、笹竹に結び付けて七夕飾りをします。 江戸時代には、この行事は手習い(習字)が上手くなるようにとの願いから寺子屋で盛んに行われ、その後、学校などでも、学問や技芸の上達を願う行事として広まって行きました。 次回のニッポンが好き!になる講座シリーズは、 7/8 (土)14:00~15:30 カジュアルな茶の湯(初めての方対象) 7/15(土)18:30~20:30 小筆講座・さらさら書きます「小筆小町」 ......

続きを読む